デイサービスで、実践音楽療法を

2011年12月17日

◎ 高齢者に対する音楽療法とは?

好きな歌、よく唄った歌、思い出のある歌、すなわち「なじみの歌」を唄ったり聴いたりすることから始まります。
「なじみの歌」を唄うことにより、遠隔記憶を刺激、認知症の進行を防ぎ、言語障害の回復を図ります。

◎ 健康体となるには?

素晴らしい歌を聴いて感動する。
大きな声で歌を唄う。
歌は呼吸が命です。深い深呼吸をすると血液の循環がよくなり、新陳代謝が高まり、必然的にストレスが解消され、健康体となるのです。

◎ 感動するための実践

群馬テレビカラオケ大賞、3週勝ち抜き王座や優勝者などを招き、素晴らしい歌を聴き、感動していただきます。

音楽療法
▲ページトップへ